top of page
IMG_6039.JPG

OPEN CLASS

​日本のレッスンでの「当たり前」を「え?こんなレッスンもあるんだ」「楽しい!」「わかりやすい」その違いに少しでも触れてほしい、体験してほしいという思いで始めた代表小﨑のUNBL OPENCLASS。

6月22日(土)

12:15-13:45(90分レッスン)

参加費用 ¥3,500

by 小﨑

UNBL // OPEN CLASS​始めようと思ったきっかけは?

HANA // UNBLANCHEはお教室ではなく、オンラインでのスキル、メンタルのコーチングをしていて、みんなが対面で集まれるのがワークショップの時だけ。全国にいる仲間と会える会すが増えれば増えるほどその子たちのモチベーションも上がると考え始めたのがきっかけ。見えてきたメリットはたくさんあります。

UNBL // クラスで大切にしていることは?

HANA // レッスンだけじゃなくて常に「寄り添う」こと。レッスンで「ターンアウトして!」「膝伸ばして!」というのは誰でもできる。みんなが知りたいのは「どうやって?」の部分。そのハテナを解決していけるようなレッスンを心がけています。

UNBL // 1-3回まで終えてダンサーの反応は?そして課題点は?

HANA // とにかく静か(笑)頷くだけ。わたしは、先生ではなく、コーチだから、みんなが理解したのか、してないのか、やってみてどう感じたかが分からないと何もしてあげられない。一方通行の教えは、UNBLが目指しているコーチングではないから。

UNBL // 代表が思う日本人の基礎力、テクニック力とは?

HANA // 難しい質問(笑)そもそもテクニックって回ることや飛ぶことだけだと思ってるみんな。でもトランジションのクオリティもテクニックだし...まずそこの知識、理解度が低いなと思う。回る、飛ぶ、上げるばっかりに気を取られてるから、今まで初めてレッスンした子で誰1人トンベパドブレ行く時の足丁寧にターンアウトして踵前で着いた人みたことない。回るのは好きに回ってくださいな!って話で、でもそこに100%注ぐんじゃなくて、前後にも何十%かずつ分けてあげてって思う。

UNBL // まだOPENに参加したことのない人へ一言

HANA // 自分で言うのもなんですが、絶対に新しい発見がある。それだけ「どうやったら?」のネタがあるから。こうやって想像して意識したらいいんだ!って絶対に思う。来てよかったって絶対思わせるから一回体験してほしい。

娘によると、「なるほど!」と思う説明がたくさんあったとのことでした。 脚を上げるためにはちゃんと関節がはまる場所がある、というのをさっそく家でも練習していました。 有意義なレッスンをありがとうございました。

by Yuzuki's Mama

いつもとは違う環境でレッスンすることは、とても刺激になって、続けて参加するからこそ、前回との違いに自分も気づける。華さんもUNBLのみんなも笑顔でレッスンしてるから緊張しない!のびのび踊れる。華さんからのコレクションで「動きの終わりは次のパの始まり」「バランスが取れた後は?」「たくさん回れた後は?」当たり前の事なのにできなかった事だと痛感しました。UNBLANCHE OPEN CLASSは、参加して100%損はしない!終始 "楽しい" が溢れたレッスンで得るものは多いし、自分の苦手を見つめ直す機会になります。

by Mai

対面で華さんのクラス(レギュラークラス)は、このオープンでしか受けられないので、とても貴重な機会で、続けて参加しています!必ず1人1人を見てコレクションをくれるところが魅力です。華さんからのコレクションで印象に残ってるのは、ルティレする時に脛のところに力を入れる! UNBLANCHE OPEN CLASSは、みんなフレンドリーそしてパワーとヒントをもらえるクラスです。

by Rina

今まで何故できないか分からなかった事が解決したり、新しい課題が見つかったので、とても充実したレッスンでした。またこれからも受け続けたいです。よろしくお願いします。

by Yuzuki

華さんのレッスンを受けてみたいと思っていたので、とても嬉しく、すぐ申込みしました。クラスの雰囲気が明るくお姉さん達がみんな素敵で、すごく楽しかったです!華さんのレッスンは、とてもわかりやすく、わたしの出来ない部分を何度も注意してくださり、感激でした。正しいアラベスクの揚げ方、立ち方を教えてくださったので、これから毎回のレッスンで意識したいと思います。次回も楽しみです。

by Mayuka

今回もとても大切な事を学ぶことができ、あっという間に終わってしまいました! とっても楽しかったです。アットホームな雰囲気があって、毎回とっても楽しみなクラスです︎。

by Ayano

bottom of page